Problem 380 「迷図と命ず」

m×n の迷路とは, 左上の四角から反対の右下の四角へただ一つの通り道を持つ, 格子の間を壁で仕切られた m×n の長方形型格子である.
9×12 の迷路と 15×20 の迷路の例を以下に示す.

p_380_mazes.gif

異なる m×n の迷路の数を C(m,n) で表すとしよう. 回転や鏡映をさせて作られる迷路は別の迷路であると考える.

C(1,1) = 1, C(2,2) = 4, C(3,4) = 2415, and C(9,12) = 2.5720e46 (5桁の有効数字として四捨五入した指数表記) であることが確認できる.
C(100,500) を求め, 5桁の有効数字として四捨五入した指数表記で表せ.

回答の際は, 仮数部と指数部を分けるのに小文字の e を使うこと. 例えば, 答えが 1234567891011 のときは, 回答のフォーマットは 1.2346e12 となる.


添付ファイル: filep_380_mazes.gif 338件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-03-12 (土) 22:57:06 (436d)