Problem 135 「同一差分」

正の整数x, y, z が等差数列として与えられたとき, x2 - y2 - z2 = n がちょうど2個の解を持つような最小の正の整数 n は, n = 27である.

342 − 272 − 202 = 122 − 92 − 62 = 27

n = 1155 は, 方程式がちょうど10個の解を持つ最小の値である.

ちょうど10個の解を持つような n は, 100万までにいくつ存在するか?


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-05-01 (木) 01:02:19 (3456d)