Problem 387 「ハーシャッド数」

ハーシャッド数 (Harshad Number), あるいはニーベン数 (Niven Number) とは自身の各桁の和で割り切ることのできる数のことである.
201 は (自身の各桁の和である) 3 で割り切ることができるのでハーシャッド数である.
201 の最後の桁を切り詰めると 20 が得られ, これはハーシャッド数である.
20 の最後の桁を切り詰めると 2 が得られ, これもまたハーシャッド数である.
ハーシャッド数の最後の桁を再帰的に切り詰めていってもハーシャッド数となるものを右切り詰め可能ハーシャッド数 (right truncatable Harshad number) と呼ぼう.

同様に:
201/3=67 は素数である.
その自身の各桁の和で割ると素数になるハーシャッド数を強いハーシャッド数 (strong Harshad number) と呼ぼう.

ここで素数 2011 を見てみよう.
最後の桁を切り詰めると 201 となり, これは強いハーシャッド数であるとともに右切り詰め可能である.
このような素数を強い右切り詰め可能ハーシャッド素数 (strong, right truncatable Harshad primes) と呼ぼう.

10000 未満の強い右切り詰め可能ハーシャッド素数の和は 90619 となる.

1014 未満の強い右切り詰め可能ハーシャッド素数の和を求めよ.


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-06-03 (日) 20:00:45 (1790d)