Problem 141 「平方数でもある累進数 n の調べ上げ」

正の整数nをdで割った商と余りをそれぞれqとrで表す. d, q, rを適当に並び替えたときに正の項からなる等比数列(幾何数列)になる場合がある.

例えば58を6で割ると商が9で余りが4である. 4, 6, 9は公比3/2の幾何数列になっている. 以下, このような n を累進数と呼ぶ. (訳者注: progressive numberの定訳が分からないので適当な名前にしておく.)

いくつかの累進数 9や10404=1022は平方数になっている. 100000未満の累進平方数の和は124657である.

1012未満の累進平方数の総和を答えよ.


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-03-14 (金) 17:44:42 (1251d)