Problem 494 「コラッツプレフィックスファミリー」

コラッツ数列は次のように定義される: p494_eq.png

コラッツ予想ではいかなる正の整数から始めても, この数列は最終的に 1,4,2,1... という周期に入るとされている.
a1 = n から始まるコラッツ数列のうち, 2のべき乗でない数 (この問題では 20 = 1 は2のべき乗と見なす) からなる部分数列を, その数列の先頭の数(プレフィックス)を使って p(n) で表し, これを「数列プレフィックス」と定義する. 例えば:
p(13) = {13, 40, 20, 10, 5}
p(8) = {}
このコラッツ予想を無効にする数があった場合はこの部分数列は無限の長さを持つことになる.

長さ m を持つすべての数列プレフィックスの集合を Sm としよう. Sm 内の2つの数列 {a1, a2, ..., am} と {b1, b2, ..., bm} が, 1 ≤ i, jm において ai < aj の時に限り bi < bj となっている場合, この数列は同じプレフィックスファミリーに属すると言うことにする.

例えば, 集合 S4 内では, {6, 3, 10, 5} は {454, 227, 682, 341} と同じファミリーに属するが, {113, 340, 170, 85} はそうではない.
Sm 内の異なるプレフィックスファミリーの個数を f(m) と定義しよう.
f(5) = 5, f(10) = 55, f(20) = 6771 が与えられている.

f(90) を求めよ.


添付ファイル: filep494_eq.png 141件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-12-21 (日) 10:31:58 (1031d)